メニュー
  
出産費用の支払い方法
  
出産補助が出る!?
  
分割払いは可能?
  
出産費用の内訳
  
出産費用の平均
  
後払いは可能?
  
           
 
   

出産費用とはトータルでいくらくらい必要なのか

めでたく妊娠し小さな命を授かったあとに考えることとして、出産費用とは妊娠から出産までにいくらくらい必要なのかということです。出産費用を大きく分野毎に分けてみますと、まず定期健診代が挙げられます。発育状況をしっかりと確認する為にも、必須な定期健診ですが費用がいくらかかるかと言うと、23週までは4週間に1度程度から始まり36週以降は1週間に1度の頻度で定期健診を行います。ばらつきはありますが1回の検査費は、おおよそ5千円から1万円前後となり定期健診代でおおよそ10万円程必要となります。次に挙げられるのが、入院出産代です。病院の種類によってもばらつきはありますが、おおよそ30万円から40万円程度が多いです。個室を希望すると10万円程追加となります。定期健診代も入院出産代も共に病気では無い為、保険が適用されません。以上を踏まえ出産費用がいくら必要なのかをまとめると、定期健診代と入院出産代だけで算出するとおおよそ50万円から60万円程必要と言えます。この内容以外にも検査にオプションを付けたりすると費用は追加になります。

気になる出産費用、自己負担はいくらになるの?

少子化が深刻な今、出産費用は公的な補助制度が充実してきています。それらの補助を受けるとして、気になる自己負担額はどれくらいになるのでしょうか。出産費用は分娩方法により差があります。自然分娩の場合、医療機関により差はありますが、出産費用は40〜70万円が相場です。一般的に個人産院より総合病院の方が安く、個室より大部屋の方が安くなっています。お祝いディナーやエステが付くような個人産院もあり、そのような産院では費用が高くなります。健康保険の被保険者(またはその被扶養者)が出産すると出産育児一時金として42万円が支給されますので、豪華なプランの参院でなければ出産育児一時金でまかなえてしまうか、数万円〜十数万円の自己負担で済むでしょう。帝王切開の場合、出産費用は50万円から100万円くらいと、自然分娩と比べて高額になります。しかし、帝王切開手術は健康保険が適用されるため、高額療養費の払い戻し対象になります。結局は自然分娩と変わらないか、プラス10万円程です。さらに民間保険会社の医療保険に加入していれば手術や入院の給付金が支払われますので、場合によっては自己負担なしで黒字になる事もあるでしょう。

出産費用にかかったお金は大半が戻ってくる

待ちに待った赤ちゃんの誕生。でも気がかりなのは、出産にかかる費用ですよね。赤ちゃんは欲しいけれど、お金が心配という方も多いのではないでしょうか。でも、安心してください。妊娠・出産では、多くの補助金が出るのです。出産費用を補助する、出産育児一時金もそのひとつです。これは、出産費用のうちに42万円が戻ってくるというもの。出産費用は病院や地域によって違いますが、大体平均して50万円ほどと言われています。ほとんどを補助してもらえるなんて、助かりますね。しかも、出産数か月後に付加金として数万円が戻ってくる場合もあります。健康保険に加入していて、妊娠4か月以上で出産した方なら誰でも受け取れます。受け取り方法は、直接支払制度、代理支払制度、産後申請方式の3つ。どのパターンにするかは、産院によって異なります。産院で確認・手続きをすることになりますので、忘れないようにしましょう。申請を忘れていた場合、出産の翌日の2年以内なら請求できます。せっかくの戻ってくるお金、忘れずに手続きしましょう。

出産費用も、医療費控除を受けることができます。

待ちに待った我が子の誕生。しかし出産入院の時から、様々な費用がかかるのも事実。しかし出産費用は、医療費控除を受けることが出来るのです。普段病気にならず、元気に毎日を過ごされている方は、医療費控除が自分には縁の無いものだと思っていませんか?出産は病気ではありませんが、出産費用は医療費控除の対象となるのです。出産費用とは、分娩代だけではありません。入院中の食事代や部屋代、また通院にかかった交通費など、対象となるものは意外と多いのです。そして見落としがちなのが切迫早産。予想外の出来事に不安な思いを抱えながら緊急入院し、相部屋が空いておらず個室入院、となれば積み重なる費用も心配になりますね。しかしそれらにかかった費用も、医療費控除の対象となるのです。医療費控除は自分で確定申告をしなければいけないので、生まれたての我が子を抱えて作業をするのは大変な時期かもしれません。しかし申請する事で、払いすぎた税金が戻ってきたり、翌年の住民税が安くなる事もありますので、ぜひきちんと申請してくださいね。申請せずに放置しておくと一銭も戻ってきません。下手すると即日融資でお金借りれるところはないかな〜?とネットサーフィンをする事になっちゃいます。

Copyright (C) 2016 出産費用についてのまとめ All rights reserved.
Jormungand 相互リンクSeo-P-Link ver3.4 ビッグアクセスアップ相互リンク プレゼント私 貯蓄 アクセスアップの為の相互リンク 明石